味くらべ

犬服のオーダーメイド専門店《わんわんテーラー》です。

夕方になると、晩御飯(というか、肴とお酒)は何にしようか考えるのが楽しみな筆者です。

料理の種類や味によって飲むお酒の種類を変えていますが、「執念だね~。」とよく言われます。

ワンちゃんはドライやウェットタイプのドッグフードやおやつを食べていますが(手作りフードの場合もありますね)どんな味を感じているのか不思議に思ったことはありませんか?

私たち人間には多種多様な調理方法と調味料がありますし、複雑な味を感じることができます。
これは人間の舌には 「甘味」「酸味」「苦味」「塩味」「うま味」 の5種類を感じる味蕾と呼ばれる器官があるためです。

一方、ワンちゃんにも人間と同じ5種類を感じる味蕾があることがわかっています。

その味蕾の数は人間で1万個、ワンちゃんは2千個程度です。

このため、人間よりも味の感じ方は鈍いと言われています。

ワンちゃんはその代わりに、とても発達している嗅覚をプラスして食べ物を選んでいます。

ワンちゃんは上述の味覚の中でも「甘味」に対する味蕾が発達していると言われていて、甘いものを好む傾向にあります。

「甘み」は肉を構成するアミノ酸にも含まれていますし、サツマイモや果物などにも糖類として含まれています。

このように「甘み」に反応するのは昔、祖先がオオカミだった頃に森の中で肉だけでなく効率よくエネルギーを摂取するために果物なども食べていたためではないかという説もあります。

次に発達しているのは「酸味」の味覚です。

ワンちゃんは昔、野生化では腐肉食(狩った獲物を土に埋めておいて後で掘り出して食べる)だったため「酸味」によって「まだ食べれる。もう食べれない。」を判断していました。このために発達したものと考えられています。

「苦み」に関しては面白いほど反応します。

うちの子は薬を飲ませるとどんなに小さな錠剤でもペッと吐き出します。

「苦さ」と薬の匂いに反応しているのだとは思いますが、なかなか根気のいる時間となります。

自然界では毒性の高いものは「苦み」が強いものが多いので、本能的にヤバい!と判断しているのでしょうね。

「塩味」に関してはあまり発達していません。

動物の体には大体0.85~0.9%の塩分が含まれています。

昔、ワンちゃんの祖先は捕獲した獲物をまるごと摂取していました。

骨や血には多くのナトリウムが含まれており、それらをまるごと摂取することで必要な塩分量を体内に取り込めていました。

そのため、塩味の味蕾はあまり必要でなく、十分に発達しなかったと考えられています。

「うま味」に関してはこれまではワンちゃんは感じていないんじゃないかと言われていましたが、最近の研究では感じていることが明らかになりました。

ワンちゃんの感じる「うま味」というのは主にアミノ酸や核酸などで、人間の「うま味」とは少し異なっているようです。

お肉に含まれている味を「うま味」として認識している説もあるようです。

人間では、同じ野菜を食べていてもAさんでは「苦み」を感じるのに、Bさんでは「苦み」を全く感じていないなど、同じ「苦み」を感じる受容体でも個体差があり、味の感じ方がちがうという研究結果もあります。

このような感じ方の違いは味覚の受容体だけではなく、嗅覚の受容体にも起こりますので、食べる時に嗅覚も駆使しているワンちゃんでも「感じ方の違い」=「好き嫌い」は十分起こっているのではないでしょうか。

小さな頃から「好き嫌い」せずに食べなさいと言われてきませんでしたか?

子供の頃嫌いだったものが、大人になったら美味しく感じられる経験をされた方も多いと思います。

ワンちゃん達も好みの味が変わっていくのかな?