夏の風物(アイス)

犬服のオーダーメイド専門店《わんわんテーラー》です。

まだまだ暑い日が続いていますね。

昨日、近所のスーパーが特売だったのでアイスをたくさん買ってきました。

冷凍庫はアイスで満たされていて、見るだけで幸せになります。

お風呂上がりに食べるアイスは格別です^^

体がひんやりして一気に涼しくなります。

この間、道の駅でソフトクリームをワンちゃんと一緒に食べている飼い主さんがいました。

ワンちゃんは美味しそうに食べていましたが、そもそもアイスってワンちゃんが食べても大丈夫なのでしょうか。

今日はそのことについてお話ししましょう。

結論から言うと、あまり好ましくありません。

アイスにはミルク成分が含まれているもの(アイスクリーム・ラクトアイス・アイスミルク)と氷菓(果汁等を凍らせたもの)があります。

ワンちゃんの中には牛乳に含まれる乳糖をうまく分解できない子もいるので、アイスクリームなどのミルク成分が含まれているものを食べるとお腹を下したり嘔吐することがあります。

また、ナッツ類やチョコレートが含まれていることもあり、ワンちゃんが中毒を起こす可能性もあります。

氷菓にもブドウ果汁などが含まれていることもあり、これを食べると腎機能障害を引き起こすことがあります。

何より、どのアイスにも含まれているのは多量の糖分。

冷たいものは甘みを感じにくいので、糖分がたくさん含まれています。

また、人工甘味料が含まれているものも多いです。

中でもキシリトールはワンちゃんにとって有毒です。

多量の糖分や乳脂肪分が含まれているアイスはワンちゃんにとっては少し食べただけでもかなりのカロリーを摂取することとなりますのであげるのは控えた方がよさそうです。

でも、暑い日にはクールダウンの一環としてアイスをあげたくなるのが人の性。

最近ではワンちゃん用のアイスが売られているのご存じですか?

お腹を壊しにくい豆乳でできたものや、お砂糖が含まれていないものなど、与えても安心な素材でできているものがたくさんあります。

ペットショップでも売られていますし、インターネット販売もされています。

他にも、ワンちゃんの食べても大丈夫な果物(バナナ・リンゴ・スイカなど)をピューレ状にして凍らせ、フォーク等で細かくして与えるのもいいと思います。

(市販のジュースを凍らせるのは糖分が添加されているものも多いのでおすすめできません)

かき氷機をお持ちの方は氷や麦茶を凍らせたものを削ってあげるのもよいかと思います。

シロップはかけてはだめですよ!

手作りすると無添加のものができますので安心ですね。

是非、一緒にアイスタイムを楽しんでみてください。